CSSテクニック

フォントを変える

今回はフォント関連です。 使いどころを選ぶので、使うときは注意してください。

フォントを使い分ける

使うプロパティは

font-family:"フォントの名前";

フォントはどんなものでもOKですが、次に示すもの以外は使わないほうが良いです。

実用的な組み合わせ一覧

環境に依存せず使える値の組み合わせは、以下のものに限定されると考えて差し支えありません。

font-family:"MS Pゴシック","Osaka",sans-serif;
font-family:"MS P明朝","平成明朝",serif;
font-family:"MS ゴシック","Osaka―等幅",monospace;
font-family:"Arial";
font-family:"Arial Black";
font-family:"Impact";
font-family:"Times New Roman";
font-family:"Verdana";
font-family:"Courier New";
font-family:"Comic Sans MS";

上の3つは日本語、それ以外は半角英数字にのみ有効です。

サンプル

MS Pゴシック

MS P明朝

MS ゴシック

Arial

Arial Black

Impact

Times New Roman

Verdana

Courier New

Comic Sans MS

たまに創英角ポップなどを使っている人がいますが、やめたほうが良いです。そういう場合は画像にしてしまうことをおすすめします。 あと、明朝体は本文に使うと可読性が落ちるので控えたほうがいいと思います。


一覧へ戻る


Last Modified 2005-03-03 © きくちゃん 2004 - All Rights Reserved