私的デザイン論

グループごとにまとめよう

グループごとに何をまとめるの?って聞こえてきそうですね。
答えは情報です。
似たような情報、関連性のある情報は1つのグループにまとめよう
ということなんです。

原稿を書いた本人なら、文章がどのように係わり合いを持っているか分かっていますよね。
でも、初めて読む人はそんなの分からないわけです。
だから初めての人が理解しやすいように、いろいろ細工をしなければいけません。
グループ化もその1つで、視覚的に情報の関連性が読み取れるように加工します。

じゃあ具体的に何をするかというと、
内容が近いものは近づけ、違うものは離す。
たったそれだけ。
ためしに例をだそうか。


見出し:1

ほんぶんだよ〜〜〜〜


見出し:2



ほんぶんだよ〜〜〜〜


当然正しいのは見出し:1の方。
見出し:2は本文までの距離がありすぎて関連性が分かりにくく なってるね。
見出し1でも広いぐらいかもしれない。

実際にみると「当たり前じゃん!」て思うことなんだけど、
ちょっと気を抜くと全然できていなかったりします。
当たり前のことほど実践するのは難しいんだなぁ・・・。

そうそう。近づけたり、離したりというと、空白のとり方だけを思い浮かべるかもしれないけど、
それだけじゃないんだな。
空白のほかにも、文字の色や大きさを変えたり、罫線をいれたり、背景色を変えることでも距離感を演出できるよ。

HTMLを正しく使えば、ある程度はグループ化をしてくれます。
だけど、ちょっと行間が広すぎるんだよね。
そんな時は、スタイルシートを使ってmarginとpaddingの調節をすればOK。 詳しくは初心者の館を見てね。


一覧へ戻る


Last Modified 2004-09-16 © きくちゃん 2004 - All Rights Reserved